本文へスキップ

週刊醸界通信・醸界春秋は酒・食品の専門情報誌。キャンペーンや新商品、お酒、レシピなど最新情報をお届けしています。

ご購読申込・お問い合せはTEL.078-451-8688

〒658-0016 神戸市東灘区本山中町4-11-21

株式会社醸界通信社は、○○○○○○○○○○です。

Topicsトピックス




 

● 「キリン一番搾り」をリニューアル 海外製品も12月から
キリンビールは、世界40の国と地域で展開している「キリン一番搾り」(海外ではKIRIN ICHIBAN)の味覚とパッケージデザインをリニューアル、輸出品は8月製造分から、海外製造品は12月製造分以降切り替える。国内では7月下旬から順次切り替えている。
 今回のリニューアルでは、国内品に準じ、麦のおいしいところだけを搾る「一番搾り製法」をベースに、麦汁濾過工程における濾過温度をより低温にすることで、雑味・渋味を低減したほか、麦芽から引き出される窒素(うまみの元になる成分)を増量、「麦のうまみ」がアップした。さらに、酸味や甘い香りを抑制することで、より調和のとれた味わいを実現した。
 海外で展開している「KIRIN ICHIBAN」は、“日本らしさを体現したおいしいビール”として支持を獲得、2016年の海外での販売は前年比2割増と好調。発売30周年を迎える2020年に海外での販売数量5割増(2015年比)を目指す。









(つづきは紙面をお読みください。)


 

● アサヒビール 平成29年上半期業績予想を上方修正
アサヒグループホールディングスは、平成29年12月期第2四半期(1〜6月)の連結業績予想を修正、売上高9373億円(前回発表8430億円、以下、同)、事業利益745億円(581億円)、営業利益707億円(528億円)、税引前利益636億円(490億円)、当期純利益433億円(360億円)とした。
 国内の酒類、飲料、食品事業の好調と中東欧ビール事業が上乗せとなったことなどにより、大幅な上方修正となった。








(つづきは紙面をお読みください。)

 

● サントリー食品 ベネフィットワン・ヘルスケアと連携
サントリー食品インターナショナルと、ヘルスケア関連事業を手がける「(株)ベネフィットワン・ヘルスケア」は連携し、7月から企業の娯健康経営後を支援する両者のポイントサービスを拡充している。
 サントリー食品は昨年秋から、自動販売機とスマートフォンアプリを連動させ、企業の「健康経営」をサポートするポイントサービス「サントリーGREEN+(グリーンプラス)」を自販機業界で初めて開発し提供している。「サントリーGREEN+」は、“買って、歩いて、貯めて、トクホ飲料と交換できる”オフィス・事業所内自販機向けポイントサービス。
 ベネフィットワン・ヘルスケアは、全国の企業及び健康保険組合・国民健康保険等の保険者に対して、健康活動や検診結果に応じてインセンティブを付与する「健康ポイント事業」を、2016年6月から本格展開し、現在、28万人を対象に「健康ポイント」を付与している。




 

 


(つづきは紙面をお読みください。)


 


● 伊藤忠食品 “FOOD WAVE 2017”開催
伊藤忠食品は7月20、21日の2日間、大阪・南港のインテックス大阪で夏季展示会「FOOD WAVE 2017」を開催、“美味しいを届ける。美味しいを伝える。〜食生活のハーモニーを応援します”をテーマに、「メーカーの商品展示ではなく、会場の約3分の1を当社の企画提案コーナーとし、オーガニック&ナチュラル、加工食品、ギフト、ヘルスケア、チルド、デリカ、酒類、地域産品、CSVなどで多彩な提案を行っている」(魚住直之・執行役員西日本営業本部長)
 今回は295社(酒類51、食品164、業務用49、日配・チルド31)が出展参加、約7000名が来場。
 オーガニック&ナチュラルゾーンでは、オーガニックワイン&ビール、はちみつマイスター協会と同社のコラボによる5つのカテゴリーに分けた約100種類のはちみつ、美容と健康意識の高い女性を中心に人気の高いココナッツミルクを使用したフローズンデザートなど。加工食品ゾーンでは忙しい女性に向けたサッと作れる時短メニュー、国内最大級の料理動画アプリ「DELISH KITCHEN」とコラボした伊藤忠食品オリジナルのメニュー動画の展開、ギフトゾーンでは伝統的な強さを誇るこれまでのギフトへの取組みをさらに強化した「ISC Gift plusシステム」の紹介、大阪ギフトセンターに今中元から導入した簡易包装機械の実演なども行われた。ヘルスケアゾーンでは新しく立ち上げた「からだスイッチ」ブランドの「甘酒」「黒酢 黒にんにく卵黄」などを紹介。



 

 




(つづきは紙面をお読みください。)


 


● カゴメ “無添加100%スムージー”「GREENS」4種
カゴメは、まるでミキサーにかけたようなおいしさと栄養の“無添加・100%スムージー”「GREENS」シリーズ全4品(グリーンスムージー、リフレッシュ スムージー、ベリーアサイー スムージー、パッションオレンジ スムージー)を、9月12日から東京都など1都9県でリニューアル発売、同19日から愛知県など名古屋・北陸エリア7県で、同26日から大阪エリアの近畿2府4県で発売する。
 「GREENS」シリーズは、保存料・着色料・香料無添加の、野菜と果実だけでつくった100%スムージー。カゴメ独自の“低温あらごし製法”で、加工によって失われやすい素材そのものの味わいと栄養を活かしており、2015年の発売以降、健康や美容に関心の高い30〜50代女性を中心に好評を集めている。
 今回のリニューアルでは、素材感そのもののつぶつぶ感やとろみを活かし、まるでミキサーにかけたようなおいしさのスムージーへと生まれ変わった。








 
(つづきは紙面をお読みください。)


 


● サッポロ “ポー(pot)ボトル”ヌーボーを新投入
サッポロビールは、2017年ボージョレ・ヌーボーの予約を受け付け中。発売は11月16日。
 同社は今年、花や緑に囲まれた心豊かなライフスタイルを提案する人気のフラワーショップ「青山フラワーマーケット」と初めてコラボした商品2品を発売するほか、定番の「ラブレ・ロワ社」のボージョレ・ヌーボーに加え、ボージョレ地区最大の生産量を誇るアガミー社の「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボー ポーボトル2017」(500ml、税別参考小売価格1800円)を新たに投入する。
 同商品はボージョレ地方の伝統的なポーボトルのヌーボー。ボージョレ地方の大衆食堂Bouchon(ブション)では、ワインが「ポー(pot)」と呼ばれる厚底の瓶に入れて提供されることがあり、フランスの大衆食堂の気分が味わえるヴィラージュ・ヌーボー。豊かな果実味、上質な柔らかさが楽しめる。 
 
 


 

                     

(つづきは紙面をお読みください。)


shop info.会社情報


株式会社醸界通信社

〒658-0016
神戸市東灘区本山中町4-11-21
TEL.078-451-8688
FAX.078-451-3011
→アクセス