本文へスキップ

週刊醸界通信・醸界春秋は酒・食品の専門情報誌。キャンペーンや新商品、お酒、レシピなど最新情報をお届けしています。

ご購読申込・お問い合せはTEL.078-451-8688

〒658-0016 神戸市東灘区本山中町4-11-21

株式会社醸界通信社は、○○○○○○○○○○です。

Topicsトピックス




 

● ビール酒造組合・板垣専務理事が会見 アルコール問題対策に注力 Pパレ共同回収エリア拡大を検討

 ビール酒造組合・板垣武志専務理事は1月24日、業界専門紙と会見、2019年の活動として、▽適正飲酒に対する取組み▽公正取引推進への取組み、▽酒税に関する要望活動▽物流効率化への取組み▽環境への取組み▽技術力向上への取組み▽食の安全・安心への取組み、などについて語った。
 同専務理事は「酒税に関する要望活動」について、「平成29年度税制改正により、ビール・発泡酒・新ジャンル商品の税率は段階的に見直され、2026年10月、1KL当たり155000円に一本化され、ビールの税率は1KL当たり65000円の減税となる一方、発泡酒は20750円、新ジャンル商品は75000円の増税となる。一本化されるビール・発泡酒の税率は他の酒類と比べ依然として高い税率であり、同じ発泡性酒類に分類にされる「その他の発泡性酒類」が1㎘当たり100000円となることと比較しても、なお大きな格差があり、諸外国と比べても高い税率であり、引き続きビール・発泡酒の更なる減税を要望していく。
 「物流効率化」については、物流を取り巻く環境は、ドライバーやトラック不足に伴う物流インフラの逼迫、それに呼応した物流費の高騰など年々激しさを増している。ビール酒造組合では、加盟各社とともに物流インフラのツールとしてその重要性が高まっているPパレ(プラスチックパレット)に関する諸課題に対応すべく、一般社団法人Pパレ共同使用会(以下、共同使用会)と協働、Pパレの回収強化に取り組んでおり、共同使用会の加盟社数は2018年11月現在で108社(前年同期から2社増加)となり、全国を数ブロックに分けたブロック制を立ち上げ、より多くの情報収集、地域ごとの課題共有、対策の検討を行っている。2018年は管理外回収の取組みとして大規模市場への取組みを強化、横浜市中央市場と移転した築地市場からの不正使用パレットの回収を行い、それぞれ331枚、994枚を回収することができた。











(つづきは紙面をお読みください。)



 

● イギリスでプレミアム ビール・サイダー事業を買収 アサヒグループHDが368億円で

 アサヒグループホールディングスは、イギリスの「Fuller Smith&Turner PLC社」(以下、Fuller's社)が保有するプレミアムビール、サイダー事業、及びその他関連資産の取得について合意、100%子会社「Asahi Europe Ltd.」(イギリス)は1月25日、Fuller's社の株式を250百万ポンド(約368億円)で取得した。
 今回の買収対象となる会社は、Fuller's社が譲渡対象となるビール事業の受け皿会社として設立した、新会社The Fuller's Beer Company Limited社」およびFuller's社の既存の子会社3社。
 買収対象事業の単純合算した売上高は約150億円、営業利益は約10億円。 アサヒグループホールディングスは今回の買収により、ロンドンを中心に高い認知度を誇る歴史的なプレミアムエールブランド「London Pride」、成長カテゴリーのプレミアムラガー市場で高い成長率を誇る「Frontier」、プレミアムサイダー市場で伸長している「Cornish Orchards」などの取得により、プレミアムブランドのポートフォリオの拡充と欧州事業の事業基盤を活用、シナジー創出を図る。
 また、ロンドンを中心とする英国南部に380軒以上のパブ・ホテルを運営するFuller's社と長期供給契約を締結し強固な関係性を築き、事業の安定性を確保することが可能になる。Fuller`s社のパブにおける「スーパードライ」や「Peroni」の拡販を図ることで、パブを中心とする業務用ビール市場が高い比率を占める英国におけるプレゼンス拡大が見込める。







(つづきは紙面をお読みください。)

 

● サントリースピリッツ クラフトジン「シップスミス」創業の3氏を迎えてブランドセミナー開催 「200年先も生き続けるジンを」

 サントリースピリッツは1月8日、イギリス・ロンドンで200年ぶりに誕生したクラフトジン「シップスミス」を発売。
 創業者のサム・ゴールズワージー氏、フェアファクス・ホール氏、マスターディスティラーのジャレット・ブラウン氏を招き、東京(1月23日 マンダリン オリエンタル東京)と大阪(同24日、ウェスティンホテル)で、メディアを対象にブランドセミナーを開催した。
 冒頭、サントリースピリッツ㈱リキュール・スピリッツ・焼酎部門の清水悟氏は1936年の「ヘルメスジン」に始まるサントリーのジンへの取組について説明、「2017年に発売した「六(ROKU)」で“ROKUソーダ”など食中酒として提案、「ビィーフィータージン」「アイスジン」「ドライジン」でソーダ割り飲用シーンを提案、エントリーユーザーを継続的に獲得しジン市場を牽引する。日本のプレミアムジン市場は、2018年前年比181%、4万9千ケースに、世界では2017年、117%となる605万ケース(8.4L換算)の規模となっている」と語った。
 セミナーではサム氏がロンドンドライジンの歴史や「シップスミス」について語り、「私達の蒸溜所に来て私達の話を聞いてくれる国は日本以外になく、日本は私達にとってとても重要な国。私達はアメリカでのクラフトビールに刺激を受け、ロンドンでのクラフトスピリッツづくりへの挑戦を決意、2008年、約200年振りの蒸溜免許を取得、すべてを投げ打って300ℓの蒸溜器1器でスタートした。「SIPSMITH」は、味わいを感じながら「飲む」という動詞“SIP”と熟練した技術を持つ職人の意味“SMITH”に由来する。







 

 


(つづきは紙面をお読みください。)


 


● 大型PETボトル商品 アサヒ飲料が値上げ5月1日出荷分から

 アサヒ飲料は、大型PETボトルの一部商品について5月1日の出荷分から製品出荷価格及びメーカー希望小売価格の改定を実施する。
 今回の価格改定は、昨今の物流費・燃料費・原材料費の高騰を受けて実施するもの。同社では2018年まで製造・物流・営業・管理各部門の効率化などにより収益性の向上に努めたが価格改定する大型PETボトルについてはコスト上昇分を吸収するのが困難な状況にあり、実施するに至った。
 価格改定の対象は左記の通り。
 ▽PET2L商品〈旧希望小売価格税別330円→新希望小売価格税別350円〉=「アサヒ 十六茶」「六条麦茶」「匠屋 旨みの日本茶」「一級茶葉烏龍茶」「食事の脂にこの一杯」「スーパーH2O」ブランド各種。▽同〈同230円→同250円〉=「アサヒ おいしい水」ブランド各種。▽同1.5L商品〈同330円→同350円〉=「カルピス」「ぐんぐんグルト」「バヤリース」ブランド各種。▽同〈同320円→同340円〉=「三ツ矢」ブランド各種。







 




(つづきは紙面をお読みください。)


 


● サントリースピリッツ 世界5大ウイスキー産地の自社原酒をブレンド ワールドウイスキー「碧AO(アオ)」を発売

 サントリースピリッツは、4月16日から“SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao(アオ)」”を、全国で数量限定発売する。2019年4月〜夏を第1期として、同秋〜冬を第2期として出荷する。
 サントリーグループは、世界5大ウイスキー産地のすべてで蒸溜所を所有、歴史、風土が異なるそれぞれの蒸溜所で造られる個性豊かなウイスキー原酒を活かしたウイスキーの開発に取り組んできた。
 今回発売するのは、ビームサントリー社と協働、世界5大ウイスキー産地の自社蒸溜所で造られた原酒のみをブレンドした世界初のウイスキー。サントリー5代目チーフブレンダ—の福與伸二氏が、ウイスキー原酒を選定、匠の技により日本でブレンドした新しいプレミアムブレンデッドウイスキー。甘く華やかな香りと、まろやかな口当たりながら厚みのある味わいで、後に心地よいスモーキーさが感じられる、様々な表情を持つ。世界5大ウイスキーの個性が織りなす、複雑で豊かな香味の変化が楽しめる。43度、700ML、税別希望小売価格5000円。







 
(つづきは紙面をお読みください。)


 


● 2019年ワイン事業 販売金額147億円・13%増を計画 サッポロが事業方針説明会開催

 サッポロビールは、2019年のワイン事業方針説明会とプレス向けランチ会をグランポレール ワインバートーキョー(銀座)で開催、高島英也代表取締役社長、森本真紀ワイン事業部長が会見を行った。
 高島社長は、「ワイン事業をビールに次ぐ「第二の柱」への育成を目指す。販売金額目標は147億円、前年比113.7%の2ケタ増。2019年は「もっと近くに!」をテーマに、消費者のブランド体験機会、美味しいワインの体験と美味しい物語の体験をしてもらう機会を創出する。またラグジュアリー4の強化継続を行うとともに、昨年は対前年比95%に終わったデイリーワインを強化することを目指す。『グランポレール』については、日本ワインコンクールで『山梨甲州樽発酵2017』が3年連続金賞・部門最高賞を受賞し、また北海道北斗ヴィンヤードで植付も開始し、さらなる飛躍を目指す」と話した。
 森本部長は、事業方針について、「2018年のワイン市場は、需要の大きい輸入ワインが数量を落とし、国別ではチリワインが前年比94%と減少したことが特長的。当社のワイン販売金額も前年比95%の129億円に終わった。一方で当社ファインワイン比率は上昇し、3ブランドで前年比2ケタ増と好調を維持。2019年は、日欧EPA発効や改元10連休などのイベントが追い風となり、長期的にもワイン市場は緩やかに伸長すると考えている。
   
 

 

                     

(つづきは紙面をお読みください。)


shop info.会社情報


株式会社醸界通信社

〒658-0016
神戸市東灘区本山中町4-11-21
TEL.078-451-8688
FAX.078-451-3011
→アクセス